テレワークできない方必見!通勤時・会社内でのコロナ対策まとめ   | 3分で読めるウィルス対策お役立ち情報

テレワークできない方必見!通勤時・会社内でのコロナ対策まとめ  

Post:2020年5月12日

どうしても仕事に行かないと!そんな時のコロナ対策

「通勤電車の中で他の人との距離が気になる・・・。」
「会社に行っても感染するリスクはゼロじゃないし・・・。」
新型コロナウィルスの感染者が増える中、通勤されている方はこんな悩みをお持ちでしょう。

時差出勤にしても意外と電車が混んでいたり、会社内でも隣の人との距離が近かったりと、
「本当に大丈夫なのかな?」と不安に感じることは多いですよね。

そんな方のために、通勤中や会社内で出来るコロナ対策についてまとめました。
あなたの健康を守るため、周囲への感染を防ぐため、ぜひ参考にしてください!

コロナ対策として通勤中にできるコト

通勤中にできるコロナ対策は、大きく分けると次の2点です。

  • 電車やバス内での対策
  • 人混みを避けた通勤

では、各ポイントについて詳しく見ていきましょう。

電車やバスの中でのポイント

通勤の電車・バス内で注意したいポイントは次の通りです。

  • マスクを着用する
    電車やバス内に限ったことではありませんが、必ずマスクを正しく着用してください。
  • 手すりやつり革を触らない
    手すりやつり革は人がよく触れる場所なので、ウィルスが付着しているかもしれません。
    可能であれば、触らないよう心がけましょう。

つり革

  • 人との距離を開ける
    座る場合でも立つ場合でも、隣の人の距離をできるだけ開けましょう。
  • 空いている車両(場所)に乗る
    空いている車両に乗れば、ある程度他の人との距離を開けられます。
    階段付近など混雑する車両を避け、空いている車両を探すことが大切です。
  • 換気の良い場所(窓が開いている場所など)に乗る
    最近は、コロナ対策として窓を開けて換気している鉄道会社やバス会社が多いようです。
    なるべく開いている窓の付近、ドア付近など、換気の良い場所に乗りましょう。

その他、駅のホームやバス停で人が並んでいる場合は、列に並ばず近くで待機するのもおすすめです。
電車やバスが到着してから乗車すると、少しでも人との接触を減らせます。

混雑の少ない時間帯・ルートで通勤する

会社が許可してくれるのであれば、混雑の少ない時間帯に出勤(時間差出勤)しましょう。

例えば、9時出社を8時出社や10時出社に変更すると、通勤時の混雑を避けられるかもしれません。

もし、時間をズラして出勤しても人が多いなら、アプリを使って混雑の少ないルートを検索する方法もおすすめです。
最短ルートで出勤できない可能性はありますが、多少時間がかかっても人との接触は減らせます。

空いている電車

次のようなアプリやサービスを使い、混雑を避けて通勤できるルートを探してみてください。

会社内で気を付けたいポイント

会社へ行って仕事をするとなると、通勤中だけでなく社内でのコロナ対策も重要です。
車内での対策が十分でないなら、あなたから提案してみてはいかがでしょうか?

マスクの着用と身の周りの除菌

会社へ着いたら、まずは石鹸で手を洗い、その後にアルコールで手指を消毒してください。

手にウィルスが付着していると、あなたが感染する恐れだけでなく、あなたが触った場所を介して他の人へ感染する恐れもあります。
対策として会社の入り口に消毒用のアルコールを置いておけば、皆が使えて便利ですね。

また、マスクの着用、身の周りや人がよく触る場所の除菌も徹底しましょう。

社内では、次の場所を重点的に除菌してください。

  • ドアノブ
  • プリンタ
  • デスク
  • 椅子
  • キーボード
  • マウス
  • スマートフォン

など

その他、窓を開けられるオフィスなら、定期的に窓を開けて換気することも大切です。

人との接触を減らす工夫も大切

新型コロナウィルスは、せき・くしゃみなど飛沫からも感染の恐れがあります。
飛沫感染を予防するために、極力人と人との距離を開けるなど、接触を避けるよう心がけましょう。

具体的には、会議が必要な場合は会議室に集まらずにWEB会議を行う、密室になるエレベーターを避けて階段で移動するなど、人が密集しない工夫が必要です。

外出中も除菌グッズを持ち歩こう!

新型コロナウィルスだけでなく、感染症の予防には手洗いが基本です。
とはいっても、外出先で手を洗えないことって多いですよね?

そこで、出勤を含めやむを得ない事情で外出する時は、除菌グッズを持っていると安心です。

例えば、携帯用のハンドジェルを持っていると石鹸での手洗いができない時に便利ですし、アルコールタイプのウェットティッシュを持っていれば、パソコン周りやスマホなど、身の周りの除菌に使えます。

除菌グッズが手に入らずお困りの方は、ウィルス対策グッズの販売ページをご覧ください。
持ち運びできる除菌グッズをご紹介していますので、ウィルス対策にお使いいただける商品があるかもしれません!

まとめ

リモートワークや在宅勤務ができない方は、新型コロナウィルスの感染を予防するため、通勤時には次の点に注意しましょう。

  • マスクの着用
  • 手すりやつり革をなるべく触らない
  • 人と距離を開ける(空いた車両に乗る)
  • 換気の良い場所に乗る
  • 混雑の少ない時間帯、ルートで通勤する

また、会社内でも次のような対策が必要です。

  • 手洗い、手指の消毒
  • 人がよく触る場所の除菌
  • パソコンの周辺機器など身の周りの除菌
  • 人の密集を避ける(WEB会議の活用、エレベーターを使わない)

※外出先で消毒・除菌をするには、ハンドジェルやウェットティッシュなど除菌グッズを携帯しておくと便利です。

コロナが収束するまでの間は、通勤するだけで神経をすり減らされている方が多いはず。
しばらく大変な状況が続くかもしれませんが、くれぐれもあなたやご家族の健康を第一に、1日1日をお過ごしください。

みんなでウィルス対策、一緒に対策して、一緒に乗り越えよう!